【健康と病気予防】についてご紹介します。自分の身の回りで起こり得るだろうと予想される病気を顕在化させない対策と予防、健康増進・維持に力を入れて、自分の身を守ることが必要です。定期的に検診を怠らないことも必要です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労が大きな特徴の慢性疲労症候群ですが、その原因が神経系などの異常にある時、結果として、うつ病になるという考え方です。
疲れやすくだるい、微熱が続く、眠れないなど、慢性疲労症候群にも、うつ病にもよく表れる症状です。
うつ病ではみられないほどの激しい疲労感や全身の倦怠感が、慢性疲労症候群の診断の決め手となるようです。
自己診断で、慢性疲労症候群ではないかと思っていて、本当はうつ病だったら大変ですね。
やはり、専門医に相談して、慢性疲労症候群かうつ病、あるいは自律神経失調症など、きちんと診断してもらいましょう。
慢性疲労症候群とうつ病では、専門医が違い、治療方法も異なるでしょうから重要な問題ですね。

慢性疲労症候群が、日本で認知されるようになったのは比較的最近のことです。
まだまだ認知度が低いので、たくさんの人が、慢性疲労症候群ではなく、うつ病・更年期障害・自律神経失調症などに診断されているそうです。
ちゃんとした病院でも、慢性疲労症候群とうつ病の判断が難しいのだそうです。
インターネットで調べてみると、慢性疲労症候群とうつ病についてたくさんの記事が検索されます。
慢性疲労症候群を診察してくれる病院を、インターネットで探す方法もあります。

慢性疲労症候群なのに、うつ病だと思っている人も多いかもしれません。
自分の症状が、慢性疲労症候群かうつ病のどちらか分からず、悩んでいる人も多いようです。
慢性疲労症候群もうつ病も、同じ薬で治療できれば問題ないのですが、今のところ違うようです。
長く続く疲労感と倦怠感で、仕事にも影響が出るのは、慢性疲労症候群もうつ病も同じです。
似ているけれど、治療法の異なる慢性疲労症候群とうつ病は、とにかく専門医で診断してもらうことがお勧めです。

FC2blog テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。