【健康と病気予防】についてご紹介します。自分の身の回りで起こり得るだろうと予想される病気を顕在化させない対策と予防、健康増進・維持に力を入れて、自分の身を守ることが必要です。定期的に検診を怠らないことも必要です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矯正で健康を保つ遠視と老眼はどう違うのか不思議に思っていました。
私の肩こりは、矯正で健康を保つ遠視眼鏡が合っていないせいで起こる症状なのかもしれません。
あっちに行ったりこっちに行ったりがけっこう面倒なので、もし矯正で健康を保つ遠視眼鏡と老眼鏡に違いがなければ、老眼鏡でもいいかなと考えたわけです。
私のように混同する人は多いらしいのですが、矯正で健康を保つ遠視は遠いところを見るときの屈折異常だそうです。
矯正で健康を保つ遠視の屈折異常についても「網膜がなんとか屈折率がどうとか」と兄は説明してくれたのですが、難しくてわかりません。
兄は、インターネットで矯正で健康を保つ遠視と老眼で検索してみたら、と教えてくれました。
とにかく老眼鏡は矯正で健康を保つ遠視眼鏡の代わりにはならない、とハッキリ言われました。

矯正で健康を保つ遠視と老眼は、混同されやすいけど原因が違う、と兄に言われました。

矯正で健康を保つ遠視と老眼でインターネットを検索してみると、本当にたくさんのサイトがありました。
驚いたことに、レーシックという手術で、矯正で健康を保つ遠視を治療する方法が載っているサイトもありました。
矯正で健康を保つ遠視用コンタクトもあり、この際だから眼鏡をやめて、コンタクトに挑戦してみようかと悩みます。
それより、私の眼に合わない矯正で健康を保つ遠視眼鏡をもって、眼科医か眼鏡屋に行くようにと、説教が始まったので、慌てて電話を切ったのでした。
ともかく矯正で健康を保つ遠視と老眼は違うものだけど、どちらも無理をすると目の疲れから、肩こりや頭痛も起こるようです。
質問と回答が掲載されるサイトに、私と全く同じ「矯正で健康を保つ遠視と老眼はどう違うの?」という質問が出ていたので笑ってしまいました。
矯正で健康を保つ遠視と老眼は同じようなもの、と適当に考えて、あのオシャレな老眼鏡を買わずに良かったと、ホッとしているのでした。

FC2blog テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。