【健康と病気予防】についてご紹介します。自分の身の回りで起こり得るだろうと予想される病気を顕在化させない対策と予防、健康増進・維持に力を入れて、自分の身を守ることが必要です。定期的に検診を怠らないことも必要です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前に買った矯正で健康を保つ遠視眼鏡を見せたら、そのレンズはプラスチックなのだそうです。
確か、フチなしのフレームの矯正で健康を保つ遠視眼鏡が気に入ったので、プラスチックレンズを勧められたのだと思い出しました。
新しい矯正で健康を保つ遠視眼鏡は、フチのあるフレームを選んだので、レンズをどうしますかと聞かれ、迷ってしまったわけでした。
その矯正で健康を保つ遠視眼鏡を買うとき、レンズの種類など気にしていませんでした。
軽いけど牛乳瓶の底のような、プラスチックレンズの矯正で健康を保つ遠視眼鏡より、薄型のガラスレンズのほうがカッコ良くなるのではないでしょうか。
プラスチックレンズを使った矯正で健康を保つ遠視眼鏡の長所は、まず「軽い」ことです。
確かに今使っている矯正で健康を保つ遠視眼鏡は軽くて、そこはとても気に入っています。
「多種にわたる染色が可能なので、レンズのカラーバリエーションの幅が広い」ともありましたが、カラーの矯正で健康を保つ遠視眼鏡は必要ではないので、これは関係ありません。
「ちょっと考えてきます」と言って、その日は矯正で健康を保つ遠視眼鏡を買わずに帰りました。
正しく、レンズの傷がとても気になったので、新しい矯正で健康を保つ遠視眼鏡を買おうと思ったのが動機ですから、この短所は気になりました。

矯正で健康を保つ遠視眼鏡は、ガラスレンズにしたほうがいいのでは、と結論を出しました。
ガラスレンズを使った矯正で健康を保つ遠視眼鏡の長所は、「キズと熱に強い」ことです。
今使っている矯正で健康を保つ遠視眼鏡のレンズの傷のことを考えると、傷がつきにくいガラスがいいように思えてきます。
それに、ガラスレンズを使った矯正で健康を保つ遠視眼鏡は、「薄型加工ができる」もです。

矯正で健康を保つ遠視眼鏡の、2つのレンズの違いについて、インターネットでもう一度よく調べてみることにしました。
ガラスレンズを使った矯正で健康を保つ遠視眼鏡の短所は、やはり「重い」の一言につきるようです。

FC2blog テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。