【健康と病気予防】についてご紹介します。自分の身の回りで起こり得るだろうと予想される病気を顕在化させない対策と予防、健康増進・維持に力を入れて、自分の身を守ることが必要です。定期的に検診を怠らないことも必要です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また重い荷物などを長時間、持った場合、やはり血流が荷物の重さによって止められ、手しびれが起こる場合もあります。

手しびれを簡単に見ている方も少なくはないと思いますが、すぐに収まるものはいいとして、なかなか収まらない場合は要注意です。
原因はいろいろとありますが、休ませておけば治る場合はいいとしても、なかなか収まらない場合は心配なのが、手しびれです。
現に原因不明の手しびれに悩んでいた人が、レントゲン検査で首の骨がずれていることが原因だったことがあったそうです。
手しびれの原因が自分でわからないでそのままにしていると、思わぬ病気や知らない間に怪我を負っている場合があります。
また肘の内側にある骨とじん帯が慢性的な圧迫や引き伸ばしが続くと、結果的に手しびれが起こります。
本人も無意識の怪我だったらしく、その病院で適切な治療を受け、手しびれが解消したのだそうです。
ですから原因がわからない場合の手しびれは、早めに医師の診断を受け、検査を受けたほうがよさそうです。

手しびれの原因になっているのは血流の悪さや圧迫感が主になりますが、原因が不明で長引いているなら、医師の診断を受けたほうがいいでしょう。
原因が自分でわかっている場合は良くても、原因がわからない場合の手しびれは専門医の診断を仰いだほうがいいでしょう。
原因がわかっている手しびれならば対処することもできますが、原因がわからない場合は危険度が高いと考えたほうがいいようです。
ですから、手しびれがずっと続いていて、物が取りにくいなどの生活に支障をきたしている場合は原因究明のためにも医師の診断を受けることをおすすめします。

FC2blog テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。